MENU

 セフレの作り方をインターネットの中で見つけた時は、身震いするような気持ちになってしまいました。
30歳を迎えてしまった社会人、僕にはひとつの悩みがあったのです。
それは、素人の肉体でセックスを楽しんだ経験がありませんでした。
自分で言うのは恥ずかしいのですが、フツメンだし性格的にもあまり積極的な方ではありませんから、恋人を作ると言う事がなかなかできないのです。
そんなことだから、セックスをすると言う事に対して興味こそ持っていたものの、相手にしてくれる異性をみつける事ができませんでした。
完全に童貞なのか?と言えばそうではなく、実は以前にソープランドに出かけた経験があります。
ソープ嬢の肉体ではじめての経験をすることは、一度だけしているのです。
しかし、素人の体で気持ちよくなったためしがなく、何としてでも20代のうちにという気持ちを強く持っていたのです。
しかし、なかなか出会いがあるわけもなく、積極的になれない性格も災いしてか結果、30歳を迎えることになってしまったのです。
このままでは素人童貞を続けていく事になるのではないか、そんな危機感を感じてしまっていたのです。
そこで何とかセックスを素人の肉体で経験しなければいけない、そんな焦りを感じながらインターネットで検索をしていきました。
すると、まるで僕と同じような感じで、童貞のまま30歳を迎えようとしている29歳の会社員の体験談を発見してしまったのです。
それによると、童貞が好きなエッチな女性がインターネットの中には存在すると言うのです。
そんな相手と知り合ったら、確実にセックスが可能であるという事が書かれていました。
彼はインターネットで素人の童貞卒業を見事に成功したらしいのです。
彼のやったセフレの作り方を模倣することで、僕も素人のオマンコを利用したセックスが楽しめるという気持ちになっていきました。

童貞狩りしている女性と知り合うため、インターネットを使って相手を探せばいいのです。
筆おろししてもらうためにも、この方法で相手を探さなければいけないという気持ちになっていきました。

 

 どうしても素人の肉体を経験しなければいけない、そんな危機感に悩まされていました。
インターネットの検索で見つけた、ある体験談はとても有意義なものだと感じたのです。
この体験談を書いた人と同じようなセフレの作り方をしていけば、素人の肉体ではじめての経験を楽しむこともできるし、さらにその後もセックス三昧を味わうことができてしまうのです。

 

 

名前:博和
性別:男性
年齢:30歳
プロフィール:
 30歳の社会人、一度だけ経験はあるものの実は、それは風俗でのものでした。
ソープでたった一度だけ経験はあったものの、素人との肉体関係は一度もなく、素人童貞を続けてしまっていたのです。
どうしても20代のうちに素人のオマンコに挿入する、こんな計画はあったものの、実行することができずに30歳を迎えてしまいました。
何とか素人童貞を卒業したいと思っていた時、セフレの作り方を発見したのです。