MENU

 童貞といっても男ですから猛烈に女性の肉体には興味を持っていたのです。
思いっきりの肉体を使って気持ちいいことしたい、オマンコの穴にギンギンになっているチンコを差し込んでみたい、そんな思いは常に持っていました。
女性のあの魅力的なエロいボディを見るだけでも、股間が自然と硬くなってしまうぐらい性欲だってしっかり持っていました。
何とか良い関係を作って挿入してみたい、激しくエッチしてみたいって言う妄想ばかりは持っていたのです。
だけど、積極的になれない性格だったこともあって、恋人作ること自体ができなかったりもします。
それにフツメンって感じで、どこにでもいる特徴がない僕ですから、異性からモテるといったことは一度もありませんでした。
性格が明るく楽しい人物というわけでもありませんから、なかなか彼女を作ることもできなかったのです。
結局、学生時代はずっとフリーの状態を続けていって、何とかセックスしたいと思ったものの、一度たりとも経験することがありませんでした。
社会人になるとなおさら出会いと言うもの自体がなくなってしまう、社内には女子社員はもちろんいるのですが、積極的になれない僕では当然相手にしてもらうことなどできません。
ただひたすらセックスしたい、オマンコに挿入したいという思いばかりを強くしていました。
しかし、いくら思ったところで恋人ができるわけもなく、ムラムラした状態を続けていたのです。
そんな童貞の僕が筆おろしをするチャンスが巡ってきたのですが、それは仲良くしてくれている上司に誘われたからなのです。
「ソープでも一丁楽しんでみないか?」
この上司に連れられて初めて風俗に足を向けることになっていきました。
物凄い緊張感と興奮か、ソープランドという名前を聞いただけでも股間がウズウズして勃起状態でした。

 

定番アプリ登録無料
セフレサイトBEST5
童貞の僕でもセフレが作れました