MENU

 仲良くしてもらっている上司に連れられて、初めての風俗に出かけました。
連れて行かれたのは中級店と言われるような、一般的なタイプのソープランドだったのです。
「だいたい90分ぐらいのサービスで3万円、これではじめて経験してこいよ」
このように、にこやかに言われてしまったのです。
3万円という出費は決して楽なものではありませんでしたが、それでもかなり期待感を持ってソープランドに入って泡姫のサービスを受けることになっていきました。
僕の相手はあまりケバい感じではない、黒髪の相手でした。
女性にチンコ見られてしまうなんて初めての経験で、いくら相手がプロだと言ってもやっぱりそれはそれでかなり恥ずかしい気持ちもありました。
しかし、たっぷりチンコを可愛がってもらうことができ刺激されて、とても気持ちいい経験をすることができたのです。
このソープランドで童貞卒業することもできて、何となく一安心といった感じでした。
初めての経験をプロの肉体ですることができた、その安心感から次の目標として素人のオマンコを利用した性処理をしなければと思うようになっていきました。
プロのテクニックは素晴らしいけれど、やはり魅力は素人の方が遥かに上だって思っています。
20代のうちに素人童貞も何とか卒業しなければいけないな、そんな野望を持つようになったのでした。
しかし、そのような野望を持ったところで、もっともっと積極的になれない性格の僕ですから、相手を探す行動がなかなかできないのです。
その勇気もなく、恋人を作ることもできないために結局は、相手を探すことができなかったのでした。
何とか20代のうちに素人の肉体を使ったセックスを、こんな目標は持っていたものの、それを達成することができずに30歳を迎えてしまったのでした。
さすがにこれはヤバイな、そんな気持ちになってしまっていました。

 

定番アプリ登録無料
セフレサイトBEST5
童貞の僕でもセフレが作れました